犬がチョコレートを食べると危険なの?致死量や中毒の症状とは?!

犬 チョコレート

 

「犬にチョコレートを少しでも与えると、中毒症状を引き起こして死亡する。」と言われているのを聞いたことがありますか?

 

こんな怖いことを言われたら、室内飼いをしている飼い主はチョコレートを食べられなくなってしまいそうですよね。。

 

しかしネット上では、「チョコレートを食べても全く問題ない。」と指摘する声もあります。

 

ここでは、実際に犬にチョコレートを食べさせるとどうなってしまうのか?についてお話します。

 

 

犬がチョコレートを食べると命に関わるの?!

 

犬 チョコレート

 

結論からいえば、犬はチョコレートを「食べ過ぎる」と中毒症状を起こします。

 

犬の体重とチョコレートの種類によって、食べ過ぎの基準が異なりますが、多ければ多いほど死亡する可能性も高くなると言われます。

 

スポンサーリンク

 

 

実際に獣医にアンケートを取ると、チョコレートを食べたことによる診察は「誤食」の中では3番目に多いようです。

 

中毒症状を引き起こすおそれがあるのだから犬も嫌えば良いものを、厄介なことに犬はチョコレートが大好きなんですね。

 

いくら隠したり食べさせないように注意をしても、誤食として診察を受ける犬が多いところからも分かるように完全に防ぐのは難しいようです。

 

 

チョコレートに含まれるテオブロミンが中毒を引き起こすのはなぜ?

 

犬 チョコレート

 

犬がチョコレートによって中毒症状を引き起こすのは、ある「原因物質」が影響しているようです。

 

チョコレートに含まれるカカオには、「テオブロミン」と呼ばれる成分が含まれており、犬はこの成分を体内で分解しにくいために中毒症状を引き起こしてしまうのです。

 

スポンサーリンク

 

 

テオブロミンは、興奮作用や覚せい作用を持っており、人間でいうところの眠気防止などに効果があります。

 

人間は分解能力に優れているので、常識の範囲を超えた量を摂取しない限りは特に問題はありません。

 

ところが犬は興奮作用等が長い時間続くので、様々な症状が起こり中毒になってしまうのです。

 

 

犬はチョコレートをどのぐらい摂取すると中毒症状が起きるの?

 

犬 チョコレート

 

中毒を引き起こすと言われるテオブロミンですが、どのぐらいの量を摂取すると犬に症状が見られるようになるのでしょうか?

 

判断する基準は、「食べた量」と「犬の体重」です。

 

一般的には犬の体重1kgあたり50〜100mgの摂取で中毒症状が起こり、5倍の250〜500mgを摂取すると50%の確率で死亡するとのこと。

 

テオブロミンが含まれる量は、食べたチョコレートの種類によっても大きく異なります。

 

市販されているチョコレートの、「カカオ含有量」とテオブロミンの含有量は比例関係にありますので確認してみましょう。

 

市販されているチョコレートのテオブロミン含有率は以下の通りです。

 

  • 板チョコ1枚・・・テブロミン量およそ60g
  • 一般的なミルクチョコレートはカカオ30%が含有・・・テオブロミン量150mg
  • ビターチョコレートはカカオ70%が含有・・・テオブロミン量380mg

 

上記の数値を参考にしながら、犬がどれくらい食べると中毒症状になるのかを見ていきましょう。

 

以下は平均的な板チョコを基準にした枚数です。

 

【犬が中毒症状を起こすチョコレートの量】

  • 体重5kgの小型犬は、ミルクチョコレート2枚。ビターチョコレートはおよそ1枚
  • 体重15kgの中型犬は、ミルクチョコレート6枚、ビターチョコレート2〜2.5枚
  • 体重30kgの大型犬は、ミルクチョコレート10枚、ビターチョコレート3〜4枚

 

中毒症状を引き起こすとされる量は意外に多いので、欠片をかじった程度では特に心配はなさそうですね

 

さすがに誤食といっても、中型犬であればミルクチョコレート6枚も食べないですよね。

 

ですから、ネット上では「チョコレートも食べても問題なかった。」という意見が多いのです。

 

しかしカカオの成分が含有されているので危険な食べ物であることにに変わりありません。

 

誤食を避けるためにも、チョコレートの保管には注意が必要となるでしょう。

 

 

犬のチョコレート中毒の症状は?病院には行くべき?

 

犬 チョコレート

 

では犬がチョコレートを食べたら、どのような中毒症状が見られるのでしょうか。

 

【チョコレートによる犬の中毒症状】

  • 下痢
  • 嘔吐
  • 発熱
  • 興奮
  • 筋肉のけいれん
  • 血尿

 

これらの症状が同時に短期間で見られるようなら、明らかに異常ですのですぐに獣医さんに見てもらいましょう

 

中毒は処置が早ければ早いほど回復の見込みがあります。

 

ところが発見が遅れてしまうと、脳の機能がマヒしてしまい心不全や呼吸困難を引き起こして死亡するおそれが高くなってしまうのです。

 

犬の健康状態を観察するのと同時に、チョコレートを食べさせない、誤食させないように細心の注意を払うべきでしょう。

 

 

まとめ

 

犬とチョコレートの相性が悪いというのは事実のようですね。

 

しかし中毒症状を引き起こすのは板のチョコレートを枚数単位で摂取した場合です。

 

かけらを舐めた程度ではあまり心配はいらないでしょう。

 

甘くていい匂いがするチョコレートは犬だって興味深々になってしまいます。

 

犬が誤食しないよう、厳重に管理してくださいね。

 

また中毒時に見られる症状も紹介しましたので、これらの異常があればすぐに病院へ行きましょう。

スポンサーリンク


>> 犬のきもちがわかる34の大切なこと <<


他にこんな記事も読まれています


犬のしつけ方


犬 チョコレート
犬のおしっこのしつけを成功させる方法は?簡単トイレトレーニング!



犬 チョコレート
犬の散歩で注意すべき6つのことは?散歩の頻度は1日2回が理想?



犬 チョコレート
犬の留守番のしつけを成功させる方法は?ご褒美作戦が効果的?



犬 チョコレート
厳重注意!犬が絶対に食べてはいけない危険な5つの食べ物とは?



犬 チョコレート
犬の耳掃除3つのやり方とコツ!耳掃除を嫌がったら病院へ行くべき?



犬 チョコレート
ダニの取り方に注意!犬のダニを駆除する最も効果的な方法は?



犬の病気と対処法


犬 チョコレート
犬がチョコレートを食べると危険なの?致死量や中毒の症状とは?



犬 チョコレート
犬が糖尿病になる原因4つと治療法!糖尿病になりやすい犬種とは?



犬 チョコレート
重症例もあり?!犬アレルギーの原因や症状を抑える対処法とは?



犬 チョコレート
犬の便秘は病気のサイン?犬が便秘になる原因6つと治療法とは?



犬 チョコレート
犬が臭い3つの原因と対処法とは?犬のニオイを防ぐお手入れの仕方!



犬 チョコレート
オス犬の去勢によるデメリットやリスクはある?去勢の時期や費用は?



犬 チョコレート
犬が血便をする原因と予防法は?危険な血便の見分け方3つと対処法!



犬 チョコレート
犬が下痢をする5つの原因は?下痢と同時に起こる危険な症状とは?



犬 チョコレート
犬が咳をする6つの原因と対処法!犬の咳に潜む危険な病気とは?



犬 チョコレート
犬の嘔吐は病気の兆候?犬が吐く原因5つと吐いた後の対処法とは?



犬の寿命を延ばす方法


犬 チョコレート
コーギーの寿命を延ばすための5つの心得!寿命に影響する要因とは?



犬 チョコレート
チワワの寿命を延ばす2つの心得!長生きに必要な適度な運動量は?



犬 チョコレート
柴犬の寿命を延ばすための4つの注意点!病気予防に必要なことは?



犬の種類と性格まとめ
犬 チョコレートビションフリーゼ
犬 チョコレートコーギー
犬 チョコレートミニチュアシュナウザー
犬 チョコレートチワワ
犬 チョコレートポメラニアン
犬 チョコレートマルチーズ
犬 チョコレートボーダーコリー
犬 チョコレートドーベルマン
犬 チョコレートフレンチブルドッグ
犬 チョコレートジャックラッセルテリア
犬 チョコレートシーズー
犬 チョコレートシュナウザー
犬 チョコレートシベリアンハスキー
犬 チョコレートトイプードル
犬 チョコレートシェパード
犬 チョコレートパグ
犬 チョコレートビーグル
犬 チョコレートダックスフンド
犬 チョコレートゴールデンレトリバー
犬 チョコレート秋田犬
犬 チョコレート柴犬
犬 チョコレートパピヨン