犬が血便をする原因と予防法は?危険な血便の見分け方3つと対処法!

犬 血便

 

飼っているペットに血便が確認されたらきっと大慌てになってしまいますよね。

 

犬の健康を確かめるのに最適な方法が、「うんちの観察」だと言われています。

 

犬の血便は健康に大きく関わり、危険な病気が潜んでいることがあるのです。

 

ここでは犬が血便をする原因や対処法について紹介します。

 

 

犬の血便は消化器官に異常がある証拠?

 

犬 血便

 

犬も人間も消化から排便にかけてのプロセスは同じです。

 

まず食べ物は食道を通り、胃で消化されながら十二指腸や小腸、大腸を時間をかけて通り、消化と栄養吸収をおこないます。

 

一通りの消化が終わったら不要なものは便として排出されるのですが、その便に血が混じっていた場合は消化器官のどこかでトラブルが発生していると考えられます。

 

スポンサーリンク

 

血便を見ると、血が付いている場所に違いがあり、どこの消化器官に異常が発生しているのかある程度分かります。

 

うんちは色・形・においによって犬の健康状態を知ることができる「バロメーター」とも言われていますので、毎日しっかりと確認をしておきましょう。

 

 

犬の血便の見分け方3つとは?血が付着している場所でわかること

 

犬 血便

 

血便が発生しているということは、消化器官のどこかで出血が見られています。

 

さきほども記述した通り、消化器官を通ってうんちになるので、血が付着している場所によって異常がある消化器官がわかります。

 

犬の健康状態を確かめるに、血便の見分け方3つを詳しく見ていきましょう。

 

 

1:うんちの表面や内部に血が付着する場合

 

犬 血便

 

  • うんちの表面部分に血が付着している血便・・・ 直腸や肛門あたりにおいて出血している
  • うんちの内部に血が混じっている血便・・・小腸や大腸の前半部分の臓器が出血している

 

痔や胃腸炎などが考えられますし、ストレスにおける体調不良によっても引き起こされます。

 

スポンサーリンク

 

基本的には下痢や嘔吐、痙攣などの症状が追随しない場合には数日ほど様子を見てください。

 

血便が治れば大きな病気の心配はありません。

 

 

2:鮮血が特徴的な血便の場合

 

犬 血便

 

血便で付着する血についても観察が必要です。

 

血便の血が鮮血で赤々しい場合には、出血してからそんなに時間が経過していないことがわかります。

 

ということは、肛門近くで出血をしていると推測されます。

 

愛犬が最近便秘気味だったり、うんちが硬い様子はありませんでしたか?

 

また大腸ポリープによって大腸から出血している場合もありますし、下痢によって粘膜が傷ついてしまい出血が確認できることも多いです。

 

 

3:要注意!血便に暗い赤褐色の血が付着している場合

 

犬 血便

 

血便の血が、どす黒く赤褐色のような色合いの場合は小腸に寄生虫が住み着いているおそれがあります。

 

特に犬に住み着く「鉤虫(こうちゅう)」という寄生虫は、小腸の粘膜を食いちぎり吸血をするので厄介です。

 

子犬の場合、鉤虫によって命の危険に繋がるケースも十分に考えられるので、赤褐色の血が血便から見られたら早急に動物病院を受診しましょう。

 

 

血便をした愛犬の様子を観察しよう!注意すべき8つのポイント

 

犬 血便

 

愛犬に血便が出たとき、便を観察して獣医師へ詳細に報告することも大切ですが、それと同時に愛犬の観察も欠かさないようにしてください。

 

たとえば、以下のような状態がないかどうかをチェックをして獣医師に伝えられるようにしましょう。

 

  1. 血便の後、嘔吐をしたか
  2. ぐったりしているか
  3. 元気はあるか
  4. 食欲は通常通りか
  5. 別の環境(ペットホテル等)で過ごさせていたか
  6. どんなものを食べさせたか
  7. アレルギーはあるか
  8. ストレスを溜めていないか

 

血便が出るということは、愛犬に何かしらの異変が発生しているおそれがあります。

 

スポンサーリンク

 

観察から判断できるかもしれませんので、血便が出たときはより注意して見てあげてください。

 

もし血便と同時に嘔吐や痙攣などしていたら、観察せずにすぐに動物病院へ連れていきましょう。

 

 

犬の血便を未然に防ぐ方法はある?

 

犬 血便

 

血便が発生する原因等について見ていきましたが、一番大切なことは未然に防ぐ「予防」ですよね。

 

多くの血便の原因と言われている、癌や腫瘍にならないための薬などは存在しません。

 

そのため飼い主の努力により、寄生虫による感染や誤食、胃腸炎、大腸炎になりにくくすることが必要です。

 

それには、犬の食事に注意をする、ストレスを与えない、排泄環境を整えるのがポイントと言えるでしょう。

 

食べ物であれば、愛犬の体質に合ったものと、清潔な水を与えるように心掛けることが大切です。

 

そして、ストレスのかかりにくい生活環境を整えてあげると胃腸炎等になりにくくなります。

 

また排泄環境でいえば、「食後すぐの散歩を控える」「運動不足を解消させる」といった、基本的な部分に目を向けてみましょう。

 

 

まとめ

 

犬の血便が起こる仕組みや注意点などについて紹介しました。

 

うんちに付着する血の色や状態でどこから出血が起こっているのかがある程度わかります。

 

しかし、素人目では深刻な病気かどうか判断がつかない場合もあるでしょう。

 

犬の血便に悩んでいる飼い主さんは上記の内容を確認し、あまりにも血便が続く場合はすぐに動物病院へ連れて行ってくださいね。

 

ここで紹介した情報を参考にして、うんちのチェックを継続させましょう!

引き続き、「犬の飼育方法やしつけ方」を紹介していきます↓




他にこんな記事も読まれています

犬のきもちがわかる34の大切なこと


「犬の飼育方法やしつけ方」人気記事ランキング


犬のしつけ方


犬 血便
犬のおしっこのしつけを成功させる方法は?簡単トイレトレーニング!



犬 血便
犬の散歩で注意すべき6つのことは?散歩の頻度は1日2回が理想?



犬 血便
犬の留守番のしつけを成功させる方法は?ご褒美作戦が効果的?



犬 血便
厳重注意!犬が絶対に食べてはいけない危険な5つの食べ物とは?



犬 血便
犬の耳掃除3つのやり方とコツ!耳掃除を嫌がったら病院へ行くべき?



犬 血便
ダニの取り方に注意!犬のダニを駆除する最も効果的な方法は?



犬の病気と対処法


犬 血便
犬がチョコレートを食べると危険なの?致死量や中毒の症状とは?



犬 血便
犬が糖尿病になる原因4つと治療法!糖尿病になりやすい犬種とは?



犬 血便
重症例もあり?!犬アレルギーの原因や症状を抑える対処法とは?



犬 血便
犬の便秘は病気のサイン?犬が便秘になる原因6つと治療法とは?



犬 血便
犬が臭い3つの原因と対処法とは?犬のニオイを防ぐお手入れの仕方!



犬 血便
オス犬の去勢によるデメリットやリスクはある?去勢の時期や費用は?



犬 血便
犬が血便をする原因と予防法は?危険な血便の見分け方3つと対処法!



犬 血便
犬が下痢をする5つの原因は?下痢と同時に起こる危険な症状とは?



犬 血便
犬が咳をする6つの原因と対処法!犬の咳に潜む危険な病気とは?



犬 血便
犬の嘔吐は病気の兆候?犬が吐く原因5つと吐いた後の対処法とは?



犬の寿命を延ばす方法


犬 血便
コーギーの寿命を延ばすための5つの心得!寿命に影響する要因とは?



犬 血便
チワワの寿命を延ばす2つの心得!長生きに必要な適度な運動量は?



犬 血便
柴犬の寿命を延ばすための4つの注意点!病気予防に必要なことは?



犬の種類と性格まとめ
犬 血便ビションフリーゼ
犬 血便コーギー
犬 血便ミニチュアシュナウザー
犬 血便チワワ
犬 血便ポメラニアン
犬 血便マルチーズ
犬 血便ボーダーコリー
犬 血便ドーベルマン
犬 血便フレンチブルドッグ
犬 血便ジャックラッセルテリア
犬 血便シーズー
犬 血便シュナウザー
犬 血便シベリアンハスキー
犬 血便トイプードル
犬 血便シェパード
犬 血便パグ
犬 血便ビーグル
犬 血便ダックスフンド
犬 血便ゴールデンレトリバー
犬 血便秋田犬
犬 血便柴犬
犬 血便パピヨン