犬の耳掃除3つのやり方とコツ!耳掃除を嫌がったら病院へ行くべき?

犬 耳掃除

 

犬は鼻と耳が非常に敏感で、人間には感知できないような些細な情報をすぐに捉える能力あります。

 

犬にとって、耳は生きる上で重要ですが、汚れやすく異常が発生しやすいので注意が必要です。

 

犬の耳掃除は飼い主にとって必須のケアですが、適切な方法というのはあるのでしょうか?

 

ここでは犬の耳掃除の方法と注意点について紹介します。

 

 

耳掃除の前に異常がないかをチェックしよう!

 

犬 耳掃除

 

犬の耳掃除をする前に、まずは耳に異常がないかどうかをチェックしてください。

 

健康な犬であれば、耳垢、腫れやできもの、耳からの悪臭などはないはずです。

 

スポンサーリンク

 

もし下記のような異常があれば、何か疾患が関係しているかもしれませんので獣医さんに相談してみてください。

 

  • 黒ずんで臭い
  • 音に対して反応が鈍い
  • 耳先部分が紫色っぽく変色している
  • 耳が大きく腫れている
  • 耳垢がすぐに溜まってしまう

 

耳に異常がある状態で耳掃除をすると余計に悪化する恐れがあります。

 

まずは耳全体をチェックしてから掃除を始めましょう。

 

 

耳垢の変色は異常?

 

耳内部を確認したとき、耳垢が変色していたら病気の可能性があります。

 

というのも、黒っぽい耳垢があれば「耳ダニ」に感染していると考えられますし、血が混じっているようでしたら「外耳炎」を疑いましょう。

 

 

犬の耳掃除3つの方法とは?

 

犬 耳掃除

 

犬の耳掃除のやり方は、犬種や個体の性格などを考えて適切な方法でおこないましょう。

 

今回は3つの方法を紹介しますが、それぞれやり方が大きく異なります。

 

犬が嫌がらずにおとなしく耳掃除をさせてくれる方法できれいにしてあげてくださいね。

 

 

1:イヤーローションを使った耳掃除!耳の奥や外側の掃除に便利!

 

犬 耳掃除

 

耳の外側を掃除するときは、脱脂綿などに「イヤーローション」という特殊なローションを塗っておこなう方法があります。。

 

イヤーローションはペットショップで購入できるのですでに使用している人もいるかもしれませんね。

 

準備が整ったら脱脂綿を使って指でふき取ってあげてください。

 

スポンサーリンク

 

耳の内部は人間とは少し違った構造をしており、外耳道が鼓膜手前で直角に曲がるため奥に入れすぎて鼓膜を傷つけるという心配はありません。

 

耳奥の掃除をするならば、ペット用の綿棒に先ほどのローションを垂らして使用できます。

 

犬の耳の中には毛が適度に生えていますが、これは耳から内部にかけて異物が混入するのを防ぐ役割を持っています。

 

人間でいえば「鼻毛」のようなものですから、あまりにも密集しているようでしたら適度にカットしてあげましょう。

 

 

2:専用洗浄液を使った耳掃除!耳のマッサージをしながら汚れを除去する

 

犬 耳掃除

 

犬の耳専用の洗浄液を使い、飼い主がマッサージをしてあげる掃除の方法もあります。

 

市販されている洗浄液でも構いませんが、できればブリーダーや獣医師に相談をして犬種に合うタイプを入手しましょう。

 

洗浄液は数滴垂らす程度の量で充分です。

 

あまり多く入れすぎると耳の中に水分が残ってしまい、犬が気になって暴れたり機嫌が悪くなったりするので注意してください。

 

耳の根元にある「コリコリ」した部分を人差し指と親指で挟みながらマッサージをして、洗浄液を使い耳の中の汚れを浮かしていきます。

 

上手にマッサージができていれば、「クチュクチュ」といった音が聞こえるので、それを目安に掃除をしてください。

 

 

3:洗浄後に首を振らせて汚れを外に出させる!

 

犬 耳掃除

 

洗浄液による掃除が終わっても、まだ耳掃除全体が終わったワケではありません。

 

耳奥にイヤーローションや洗浄液が残っていると中耳炎を引き起こすおそれがあるので、犬自らが水分を出すように飼い主が助けてあげましょう。

 

自然と首をぶるぶると振って耳内部に残っている水分を出してくれますが、首を振ってくれない犬もいます。

 

スポンサーリンク

 

そんな時は、飼い主が耳元で「フー」と息を吹きかけると、反射的に首を振ってくれるのでおススメです。

 

首を振ったとき、耳垢が一緒に出てくれば耳の汚れが取れている証拠。

 

飛び散ってしまった汚れや、耳の縁などをコットンで優しくふき取れば耳掃除は終了です。

 

 

耳の外側も掃除しよう!ゴシゴシこすらないように注意!

 

犬 耳掃除

 

耳掃除は耳の中だけではありません。

 

犬は耳の外側も汚れやすいので、耳の中を掃除する際に確認してください。

 

人間が犬の耳を見たとき、ピンと立っていたり、耳元で折れていたりしていますが、この部分を「耳介」と呼びます。

 

耳の外側というのは耳介部分のことを指し、もし汚れていたらすぐに分かります。

 

しかし、耳が根元から折れている犬種は、しっかりと確認しないと汚れに気付かないことがあるでしょう。

 

耳介を掃除するときは洗浄液をコットンに含ませ、汚れに押し当てて取り除いてください。

 

間違っても、ゴシゴシと擦ったりしないようにしてください。

 

犬の耳介はデリケートなので人間の力でゴシゴシ擦ると傷付いてしまう恐れがあります。

 

 

犬の耳掃除の頻度はどれぐらい?毎日掃除しても大丈夫?!

 

犬 耳掃除

 

耳のチェックは毎日実行したほうがいいですが、掃除自体は2週間に1度程度で構いません。

 

しかしゴールデンレトリバーやビーグルなどの「垂れ耳」の犬種は雑菌が繁殖しやすいので、1週間に1度は耳掃除をしてくださいね。

 

耳掃除の頻度があまりにも多いと、耳の中の皮膚を傷付けてしまうおそれがあるので、やり過ぎに注意しましょう。

 

また、嫌がっているのに、無理に耳掃除をすると暴れた拍子に耳の中を傷つけるかもしれないので機嫌を伺うようにしてください。

 

 

犬のサイズによって耳掃除の方法を変えよう!

 

犬 耳掃除

 

ここまで全体的な耳掃除の方法を紹介しましたが、実は犬のサイズによってはやり方を工夫する必要もあります。

 

耳の中の掃除をするとき、小型犬ならペット用の綿棒を使う方法がおすすめです。

 

反対に、中型犬から大型犬にかけては、小さいペット用の綿棒では効率が悪くずっと犬を束縛させるのも大変です。

 

大型犬はイヤーローションを含ませた脱脂綿を指に巻き付けて掃除をしたほうが効率が良いです。

 

また耳掃除が嫌いで暴れやすい犬には「ごほうび」を用意して耳掃除をしましょう。

 

 

犬が耳掃除を嫌がったらどうする?!

 

犬 耳掃除

 

人間の場合、自分で耳掃除をするときは、あまり奥に入れないように慎重になりますよね。

 

犬の耳の中は人間とは構造が違っているので、汚れを目で確認しながらすべてを取り除くのは不可能です。

 

犬が急に暴れたりすれば、外耳を傷つけてしまい重大な事故にも繋がりかねません。

 

愛犬の耳掃除をするときに抵抗をされたり、極度に嫌がる場合は無理に掃除をする必要はありません。

 

動物病院に相談してプロに任せたほうが安心です。

 

お金はかかってしまいますが、自分で耳掃除をして怪我をさせれば治療費はかなり高額になるでしょう。

 

動物病院で耳掃除をしてもらうという選択肢もあるので、無理におこなう必要はありませんよ。

 

 

まとめ

 

犬の耳掃除についてご説明しましたが、いかがでしたか。

 

耳掃除をする前には、必ず耳全体をチェックして異常が無いかを確認してくださいね。

 

掃除にはイヤーローションや洗浄液を使うと汚れが落ちやすいので、耳の奥と外側をきれいにしてあげてください。

 

もちろんゴシゴシこすらず、優しくおこなうことが大切です。

 

もし、犬が耳掃除を嫌がったときは無理にするのはやめて、動物病院に相談することをおすすめします。

引き続き、「犬の飼育方法やしつけ方」を紹介していきます↓




他にこんな記事も読まれています

犬のきもちがわかる34の大切なこと


「犬の飼育方法やしつけ方」人気記事ランキング


犬のしつけ方


犬 耳掃除
犬のおしっこのしつけを成功させる方法は?簡単トイレトレーニング!



犬 耳掃除
犬の散歩で注意すべき6つのことは?散歩の頻度は1日2回が理想?



犬 耳掃除
犬の留守番のしつけを成功させる方法は?ご褒美作戦が効果的?



犬 耳掃除
厳重注意!犬が絶対に食べてはいけない危険な5つの食べ物とは?



犬 耳掃除
犬の耳掃除3つのやり方とコツ!耳掃除を嫌がったら病院へ行くべき?



犬 耳掃除
ダニの取り方に注意!犬のダニを駆除する最も効果的な方法は?



犬の病気と対処法


犬 耳掃除
犬がチョコレートを食べると危険なの?致死量や中毒の症状とは?



犬 耳掃除
犬が糖尿病になる原因4つと治療法!糖尿病になりやすい犬種とは?



犬 耳掃除
重症例もあり?!犬アレルギーの原因や症状を抑える対処法とは?



犬 耳掃除
犬の便秘は病気のサイン?犬が便秘になる原因6つと治療法とは?



犬 耳掃除
犬が臭い3つの原因と対処法とは?犬のニオイを防ぐお手入れの仕方!



犬 耳掃除
オス犬の去勢によるデメリットやリスクはある?去勢の時期や費用は?



犬 耳掃除
犬が血便をする原因と予防法は?危険な血便の見分け方3つと対処法!



犬 耳掃除
犬が下痢をする5つの原因は?下痢と同時に起こる危険な症状とは?



犬 耳掃除
犬が咳をする6つの原因と対処法!犬の咳に潜む危険な病気とは?



犬 耳掃除
犬の嘔吐は病気の兆候?犬が吐く原因5つと吐いた後の対処法とは?



犬の寿命を延ばす方法


犬 耳掃除
コーギーの寿命を延ばすための5つの心得!寿命に影響する要因とは?



犬 耳掃除
チワワの寿命を延ばす2つの心得!長生きに必要な適度な運動量は?



犬 耳掃除
柴犬の寿命を延ばすための4つの注意点!病気予防に必要なことは?



犬の種類と性格まとめ
犬 耳掃除ビションフリーゼ
犬 耳掃除コーギー
犬 耳掃除ミニチュアシュナウザー
犬 耳掃除チワワ
犬 耳掃除ポメラニアン
犬 耳掃除マルチーズ
犬 耳掃除ボーダーコリー
犬 耳掃除ドーベルマン
犬 耳掃除フレンチブルドッグ
犬 耳掃除ジャックラッセルテリア
犬 耳掃除シーズー
犬 耳掃除シュナウザー
犬 耳掃除シベリアンハスキー
犬 耳掃除トイプードル
犬 耳掃除シェパード
犬 耳掃除パグ
犬 耳掃除ビーグル
犬 耳掃除ダックスフンド
犬 耳掃除ゴールデンレトリバー
犬 耳掃除秋田犬
犬 耳掃除柴犬
犬 耳掃除パピヨン